menu

実績紹介

2019.10.25  商業・商品開発/文化・学び事業

映画館「シアター演屋」


唐津で約30年ぶりとなる映画館「THATER ENYA(演屋)」。公募によって決まった館の名前は、世界文化遺産ユネスコ認定のお祭り「唐津くんち」のかけ声にちなんだもの。客席数62席と小規模ながら、35㎜映写機の上映可能な頼もしい映画館。名作からメジャー作品まで幅広いラインナップに加え、映画館を運営する一般社団法人Karatsu Film Projectが製作した、ALL唐津ロケの大林宣彦監督『花筐/HANAGATAMI』を毎月8日に定期上映しています。

<劇場概要>
(1)映画館の名称
唐津のまちといえば、世界文化遺産「ユネスコ」にも登録された年に一度の秋の例大祭「唐津くんち」。施設名の「エンヤ」は、お祭りのかけ声にちなんでいて「唐津くんち」のように、多くの方に親しまれ文化芸術を発信できる映画館となりますように、と願いをこめました。
(2)客席数:62席(ペアシート2席×3台)
(3)設備:1スクリーン(W5150㎜×H2155㎜)、映写様式:35㎜映写機、DLPプロジェクター(Barco DP2K-10SLP)
(4)無料サービス:ブランケット、子供シート、ホッカイロ、車いす

■業種・業態:映画館
■事業名:THATER ENYA(シアター演屋)
■設立年月日:令和元年10月25日
■住所:佐賀県唐津市京町1783番地 KARAE1F
■電話番号:0955-53-8064
■営業時間:月~木、日/10:00〜21:00(4回/1日)、金・土・祝前 /10:00〜23:00 (5回/1日)
■駐車場:Pなし
■WEB: https://theater-enya.com/
■FB: https://www.facebook.com/theater.enya/
■TW :https://twitter.com/theater_enya/

関連記事

  • 新天町パティオ街区再開発プロジェクト
  • 歩唐
  • 唐津映画製作推進委員会
  • Odecafe
  • カラツ大学
  • 『花筐/HANAGATAMI』WEB
  • 唐津シネマの会
  • 中町Casa
  • KARATSU×HANAGATAMI
  • ピコリンのちょっと言わせて
  • いきいきDiary
  • いきいき唐津の求人情報