menu

設立の背景

2010年いきいき唐津株式会社は、唐津市が中心市街地活性化基本計画の認定を受けるとともに誕生しました。全国の市町村でこの中心市街地活性化基本計画(以後「中活基本計画」)の認定を受けるにあたって設立された会社は、現在約160社あり、通称「まちづくり会社」と呼ばれています。

➡唐津市の中活計画の概要についてはこちら

全国でまちづくり会社が誕生した背景には、これから急速に進んでいく少子高齢化、人口減少社会で、どのようにして地方都市が持続可能な発展をするかという大きな課題があります。課題解決の方法のひとつとして、国は都市のダウンサイジング&コンパクトシティ(都市の規模を小さくして、まちの中心に人口を集中させる)を掲げ、それを受けて平成18年に佐賀県は市街地再生指針の策定をし、平成22年に唐津市は中心市街地活性化法律の認定都市となりました。そして、唐津市の中心市街地活性化の実行部隊として誕生したのが、私たちいきいき唐津(株)です。

国土交通省中心市街地活性化のまちづくり参照

いきいき唐津

会社ビジョン~VISION~

歩きたくなる、暮らしたくなる
50年後、100年後も色あせない、心豊かなまちづくり。

コンパクトシティは、これから高齢化が進み人口が減るなか(なんと唐津市の人口予測では、20年後・2035年には10万人の人口で60歳以上が約5万人、50年後・2060年には今の人口の半分の5万8千人!)、持続可能な都市経営をするため電車やバスなど交通機関や病院、商店がある程度集積した そのまちの中心市街地と呼ばれるエリアに人が集まって暮らす、というようなイメージを思い浮かべればわかりやすいと思います。

そのような未来を見据え、私たちが取り組む まちづくりのビションは、クオリティーオブライフを実現した「歩きたくなる、暮らしたくなる50年後、100年後も色あせない、心豊かな まちづくり」です。

それは、唐津の まち が、そこに暮らすあらゆる人のセイフティネットとなり、市民の皆さんが孤独ではなく居場所や生きがい、楽しみ、アイデンティティを感じることができる自立した地方都市を理想とします。

それは、人生を豊かにする学びや娯楽、様々な人のあらゆる挑戦できる機会が充実し、個性ある文化、街並み・環境が存続し、地産地消など地域の人が地域を利用し楽しむことで唐津域内での循環経済が実現、またその独自性から観光都市として魅力を発することができるような まちです。

歩きたくなる、暮らしたくなる50年後、100年後も色あせない、心豊かなまちづくり。

事業概要と戦略

上記のまちづくりのビジョン実現のため、私たちは「商業活性化」「交流人口の増加」「居住人口の増加」という3つの大きな柱を持っています。さらにそれらを達成するための戦略として、「研究・調査分析」「商業・商品開発」「観光促進」「文化・学び振興」「デザイン・情報発信」という5つの事業分野を展開しています。

住民、市民の方やお客様の声をもとに、その課題とマーケットの調査分析を行い、それに基づいて課題解決のための企画を行います。その企画は商業・商品開発観光促進文化・学びの3分野にわたります。それらの企画を実施するのに、ターゲットやブランディングに応じたデザイン・情報発信を行います。その後、実施された企画の効果をみるため、住民、市民、お客様のCS(顧客満足度)調査や市場調査などを行い、その課題をフィードバック、さらに企画をブラッシュアップしていきます。

事業概要とその戦略 文化・教育観光促進商業・商品開発デザイン・広報PR 研究・調査分析

いきいき唐津の思いと強み

継続的なまちづくり活動を行うプロフェッショナルとして

いきいき唐津は、全国のまちづくり会社と同様に行政主導で設立された第三セクターですが、設立2年目に地元企業約30社からの出資により、資本金を300万円から3000万円に増資しました。その背景には、多くのまちづくり会社が所定期間の行政の補助金が終わるのと同時にまちづくり事業が終了してしまうなか、私たちは今ある課題を解決していくには継続的なまちづくり活動が重要であると考え、そのためにリスクを取りながらも収益を出していくソーシャルビジネスを展開してきました。会社の目的は公益的でありながら、民間の経営スキルで活動を持続させるためにしっかりと収益をだしていく第三セクター=まちづくりのプロフェッショナルとして、実績を積み重ねています。

いきいき唐津

調査・分析から実践・フィードバックまで。
地方都市のリアルな情報と経験を蓄積

これまで、地方では「まちづくり」というと、大金をかけて都市部からゼネコンやシンクタンクなどの専門家に事業を委託し、その結果まちの市場に合わないハコモノができたり、その後問題がでてきても何のフォローもされないまま放置されたりということが多々見受けられました。いきいき唐津は、唐津が真に活性化していくために、しっかり地元唐津に根付きながら、時代やお客様のニーズに応えるための客観的な視点をもつべく調査・分析を行うシンクタンク機能を有し、それに基づいた実践とフィードバックを行い、そのまちづくりの経験やノウハウを唐津に残し未来につなげていく専門機関として、地域に貢献していきたいと考えています。

調査・分析から実践まで、地方都市のリアルな情報と経験を蓄積

30年後の未来に責任を持つ若手の情熱溢れる会社

いきいき唐津は、まちづくり会社では珍しい20代~40代の若手スタッフ中心の会社です。歴史ある独自の文化を持つ地方都市で、多業種を展開し、地元住民の方や様々な機関、関係者とともに進めていく仕事は正直大変なこともありますが、唐津とまちづくりの仕事をこよなく愛するスタッフで切磋琢磨しています。50年後、未来を担う子供たちが、生まれ育ったまちが好きで沢山の夢や希望を感じることができ、おじいちゃん、おばあちゃんになった私たち自身も生きがいや楽しみを見いだせるような まちづくりの挑戦への情熱に溢れています!

30年後の未来に責任を持つ若手の情熱溢れる会社
  • いきいき唐津の求人情報
  • 歩唐
  • 唐津映画製作推進委員会
  • Odecafe
  • カラツ大学
  • 『花筐/HANAGATAMI』WEB
  • 唐津シネマの会
  • 中町Casa
  • KARATSU×HANAGATAMI
  • ピコリンのちょっと言わせて
  • いきいきDiary