menu

ピコリンのちょっと言わせて

2019.5.20  ピコリン

原点回帰

中高の授業で、「まちづくり」や「唐津のふるさと学」について授業をさせていただいているのですが、時々生徒の皆さんから、ドキッとするような鋭い質問がきます。

こないも、「まちづくりってなると、いろんな人がいて、いろんな意見があると思いますが、どうやって判断するのですか?」と、大変鋭い質問がありました。ちなみに、質問したのは中学一年生(^^;)

私の考えは、次の通り。

判断に迷う時は、とにかく原点回帰。熟慮も必要ですが、最後はシンプルに、何のために、誰のために、どうしてそれをしているか?そこでの自分の役割は何か?それに素直に沿う方を選択しています。また、誰がどういってるとか、あーいっているとか、そんな噂話はあまり気にせず、客観的な事実ベースを判断材料にします。人づての話は解釈や意図、雑念が入っている事が多いですから。

自分が未熟な時はもっと感情的な判断になったり、いろんな出来事に一喜一憂していましたが、いろいろ経験してそんな風に考えるようになりました。

後は、自分がどういう人間でありたいか、大げさかもしれませんが、死ぬときに後悔しない選択はどっちか考えて、前を見ます。

信念を貫いたり一貫し続けるのは、とても難しく、時には孤独だったり、短期的に見たら険しい道になる時もあるし、やるだけやってもダメな事もある。だいたい理想通りに進まないことの方が圧倒的に多いデス。

でも、本気で向き合って頑張った事は、たとえ失敗に終わっても、必ず次に繋がる何かを残してくれます。そして諦めなければ、道はまた開けます。まだまだ短い人生ですが、その事だけは確信しています。だから、どんな時も希望はあり続けると思っています。

頑張れ自分!頑張れみんな!

Posted in  ピコリン

関連記事

新着記事

アーカイブ

カテゴリー

  • Odecafe
  • 唐津シネマの会
  • 歩唐
  • 中町Casa
  • カラツ大学
  • 唐津映画製作推進委員会
  • ピコリンのちょっと言わせて
  • いきいき唐津の求人情報
  • 唐津シネマの会 新聞アーカイブ
  • 新天町パティオ街区再開発プロジェクト
  • 歩唐
  • 唐津映画製作推進委員会
  • Odecafe
  • カラツ大学
  • 『花筐/HANAGATAMI』WEB
  • 唐津シネマの会
  • 中町Casa
  • KARATSU×HANAGATAMI
  • ピコリンのちょっと言わせて
  • いきいきDiary
  • いきいき唐津の求人情報